■ 名入れ手拭いご注文方法 ■  ※一部対象外商品もございます。 
【 1 】 手拭いの商品画面で文字レイアウトをタイプ『壱』~タイプ『参』の中からお選びください。
名入れ手拭いご注文方法
タイプA
【 タイプ『壱』 】
はんこ風のデザインです。
1文字、3文字、4文字まで
になります。
3文字の場合は最後に
「印」の文字が入ります。
四角の大きさは約6cm角。
1文字の場合は約3.5cm角です。
タイプA-詳細
タイプB
【 タイプ『弐』 】
横書きのデザインです。
2文字から6文字までになります。
四角の大きさは高さ約3cm。
幅は文字数によって異なります。


タイプB-詳細
タイプC
【 タイプ『参』 】
縦書きのデザインです。
2文字から6文字までになります。
四角の大きさは幅約3cm。
高さは文字数によって異なります。

タイプC-詳細
【 2 】 次に文字のタイプを9種類の中からお選びください。
名入れ手拭いご注文方法
【 勘亭流(かんていりゅう) 】
落語や歌舞伎の看板、番付に使われる書体。岡崎屋勘六が考案。勘亭流の名は彼の号「勘亭」に由来する。
勘亭流(かんていりゅう)
【 寄席文字(よせもじ) 】
客を寄せるための書体(客が集まるよう縁起をかついで字が詰まり加減になっているのが特徴)。
勘亭流と提灯文字を元に創始された。ビラや千社札に使用される。
寄席文字(よせもじ)
【 籠文字(かごもじ) 】
字画が厚く、やや四角い書体。力強いイメージの書体。
※コチラの文字は反転したデザインとなります。
籠文字(かごもじ)
【 相撲文字(すもうもじ) 】
相撲の広告・番付などに使われる書体。
※コチラの文字は反転したデザインとなります。
相撲文字(すもうもじ)
【 魏碑体(ぎひたい) 】
魏の時代に石碑に彫られていた、荒削りな楷書をベースにした書体です。
魏碑体(ぎひたい)
【 篆書体(てんしょたい) 】
印章などに用いられることが多く、「古代文字」に分類される書体の中では最も息が長い。
篆書体(てんしょたい)
【 墨文字(すみもじ) 】
筆文字風の力強く味のある字体です。
墨文字(すみもじ)
【 民芸文字(みんげいもじ) 】
カクカクとした個性的な文字です。
民芸文字(みんげいもじ)
【 ゴシック体 】
定番の太目の書体です。
ゴシック体
ウィキペディア(Wikipedia)より一部引用。
【 3 】 名前(文字)を1文字から6文字まででご入力ください。
名入れ手拭いご注文方法
全ての項目の選択、が済みましたら、お名前(文字)の入力欄に6文字まででご入力ください。
全ての入力が終わりましたら『カゴに入れる』ボタンを押してください。
他にも名前いり手拭いをご注文の際は、『買い物を続ける』ボタンを押して上記の要領でご注文お願いします。
※自動返信メールには、名入れ代が含まれていませんので、改めて計算したお値段をご案内させて頂きます。
※7文字以上、の場合は別途お見積もりさせていただきます。
お気軽にご相談ください。コチラからお問い合わせください。→お問い合わせ